目尻のしわ

サイトマップ

目尻のしわ対策

目尻のしわ対策をしよう年齢を重ねると共に、深くくっきりとするのが目尻のしわですが、目立たなくする方法はないものでしょうか。

目尻にしわができないようにするには、目の回りの皮膚をこすったり、引っ張ったりしないことです。顔を洗う時や、化粧落としの時に目の回りに負担をかけることが多いので、細心の注意が必要です。

案外刺激になりやすいので、目の周りのケアを行うときには、優しく行うことを心がけましょう。日中の化粧を帰宅後にきちんと落とさなければ、
皮膚は乾燥しやすくなります。

乾燥は目尻のしわの要因になります。メイクが残っていると皮膚に刺激を与え肌荒れの原因になるからです。皮膚は紫外線による光老化でも乾燥し、目尻のしわが多くなります。

太陽光に肌がさらされるようなときはUVカットが大事です。晴れた夏の日だけでなく、夏以外の季節でも紫外線は肌に照射されています。くぼみやクマが目尻にできることも多いようです。

目の周囲にある筋肉がやせ細って力を失うと起きる症状です。くぼみやクマは、目尻にしわをつくるきっかけになったりもします。パソコンやテレビの観すぎで目が疲れたと思ったら1分ほど目をつぶったり、目の周りを軽くマッサージして筋肉をほぐすようにしましょう。

目の回りにあるツボを刺激し、血流を促進してしわ対策を行うという人もいます。まだ目尻のしわができていないという人も今のうちから予防のための対策をしておくことが重要だといえるでしょう。

目尻のしわを防ぐスキンケア

目尻のしわを防ごうしわが目尻に刻まれるようになると、年齢を感じることが多いようです。誰でも年をとると、目尻にしわができやすくなります。

目尻のしわを目立たなくして、年を取ってもなお若い姿であり続けたいものです。お肌のお手入れを欠かさないことが、目尻のしわ予防に効果を発揮します。

乾燥から肌を守ることが目尻のしわを防ぐためには何より大事なことだからです。肌質とは十人十色ですので、化粧品やクリームを選ぶ時は肌に合うものにする必要があります。

他の人には合っていても自分には合わない場合もよくありますので注意しましょう。肌の乾燥を防ぐためにメイクはきちんと落とします。皮膚にこびりついた老廃物や汚れを落とし、スッキリときれいな状態になるために、肌に合うスキンケア用品を使います。

目尻のしわをつくらないためのスキンケアとは、化粧水をふんだんに使って皮膚にしっかり水分を与えることです。化粧水を顔につける時に、目尻にまでつけそびれることもありますので、顔全体に行き渡らせます。

クリームを塗るときにも、目尻のような皮膚の薄い部分はこすってしまったり引っ張らないように注意しましょう。皮膚を傷めないよう、クリームをつける時は優しく乗せるようにしながらつけていきましょう。

週に1回はパックをして皮膚へビタミンC誘導体を浸み込ませて、保湿作用のある美容液を使うとなお目尻のしわ対策に効果があります。

またこちらでは毛穴の黒ずみをとる方法をご紹介しているのでご参考にしてください。

「目尻のしわ対策をしよう!」について

目尻のしわは加齢とともに現れてしまいます。そうならないためにも普段からしっかりとしたケアが必要です。

Copyright © 目尻のしわ対策をしよう!. All rights reserved